[PR]

 神戸市は10日、神戸労災病院(同市中央区)の男性入院患者2人と女性看護師1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。院内感染の可能性が高く、当面の間は救急患者を受け入れず、新規の受診や入院、手術も停止する。

 感染が判明した患者2人は50代と90代で、一時同じ病室に滞在。看護師は50代で、この2人と院内で接触があったという。感染した患者らと院内で接触があった医師や看護師らは自宅待機とした。

 同病院は入院や手術を必要とする「二次救急」に対応してきた。神戸市内では、神戸赤十字病院(同市中央区)や神戸市立医療センター中央市民病院(同)など高度な機能をもつ医療機関で集団感染が相次いでいる。