[PR]

 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを短時間で調べられる「抗原検査」について、厚生労働省は確定診断に使う方針を固めた。PCR検査と併用する考えで、検査件数の増加につながる可能性がある。13日にも、検査キットが薬事承認される見通し。

 抗原検査は、ウイルスを形づくるたんぱく質を直接検出する方法で、インフルエンザウイルスの検査などに広く使われている。鼻やのどの奥をぬぐってその場で検査し、10~30分程度で結果が出る。

 承認される見通しなのは、国内メーカー「富士レビオ」が4月27日に申請した抗原検査キット。同社の製品は、インフルエンザやB型肝炎などのウイルスで実績がある。

 現在、診断に使われているPCR検査は、ウイルスの遺伝物質を増やし、検出する。専用の機器が必要で結果が出るまでに数時間以上かかる。抗原検査は短時間で簡単にできるものの、PCR検査と比べると精度が低く、ウイルスを検出できない可能性がある。

 このため厚労省は、抗原検査で感染が確認できなかった場合でも補完的にPCR検査をして見落としを防ぐ方針だ。重症な患者は抗原検査で感染の有無を確認しやすいといい、早期の対応につながる。

 現在、PCR検査ができるのは、保健所や地方衛生研究所、検疫所、一部の医療機関、民間企業などに限られている。検査キットの供給量が増え、一般の医療機関で抗原検査ができる態勢が整えば、検査件数の大幅な増加も見込める。