[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、観光旅行に行きたくても行けない毎日。そんななか、自宅で現地の食べ物やお酒を受け取って味わい、インターネット中継で観光を楽しむ「バーチャル旅行」が話題を呼んでいる。遅い春がやってきた北海道南部の港町、江差と函館の旅をバーチャルで旅してみた。

拡大する写真・図版江差からの生中継では、先に送った山菜の料理法を説明した=北海道江差町

山菜、ニシン…1箱6980円の特産品

 企画したのは旅行アプリ開発・旅行仲介のオレンジ(本社・東京)で、インターネットサイト「おうちソクたび」でバーチャル旅行を提供している。

 サイトには「行き先」は示されていない。並ぶのは「採れたて里村旅気分」「港町の朝市旅気分」「のんべえ温泉旅気分」といった旅行プランで、自分が「行きたい」と思うイメージのものを選ぶ。申し込むと、LINEを通じて旅先のヒントが送られてくる。実際に目的地が分かるのは、現地の物産品が自宅に届いた時だ。

 自宅に送られてくるのは、選ん…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら