[PR]

 北海道の十勝地方を中心にパンの製造販売を行う「満寿屋商店」が、冷凍のパン「十勝チーズパン」を開発した。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が続くなか、店頭で人気の「とろーりチーズパン」の味を家庭でも楽しんでもらおうと企画した。今月から販売し、13日からは通信販売も始めた。

拡大する写真・図版満寿屋商店が開発した冷凍パン(右)と、店頭で売っている「とろーりチーズパン」(左)。中央奥は別売りのチーズ=北海道帯広市

 とろーりチーズパンは十勝産小麦100%のパン生地に、これまた十勝産のチーズをパンの全面に乗せ、店頭ではチーズがとろけた焼きたてで提供している。帯広市にある同社の旗艦店「麦音」では、1日600個以上も売れることがある人気商品だ。

 しかし、現在は新型コロナの感染防止策として、店頭ではパンを個別にポリ袋に包み、冷ました状態で販売している。

 今回開発した冷凍パンは、十勝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら