[PR]

 警視庁は、ポーカー賭博店経営の菅野孝幸容疑者(37)=東京都足立区千住仲町=を賭博開帳図利の疑いで現行犯逮捕し、11日発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で先月7日に緊急事態宣言が出て以降、大勢の客でにぎわっていたといい、今月8日に同庁が雑居ビルの2階にある店を捜索した際、30平方メートルほどの店内は客ら約20人で「3密」の状態だったという。捜査員は感染防止対策でゴーグルやマスクを着けたといい、取り調べでは防護服を着用しているという。

 組織犯罪対策特別捜査隊によると、菅野容疑者は8日、東京都千代田区岩本町3丁目の店で、ポーカーで金銭を賭けさせ、賭け金の5%か10%を手数料として徴収し、22~78歳の男13人に賭博をさせた疑いがある。調べに対し、新型コロナの影響で「稼げると思い、連日店を開けていた」と供述。客は「外出自粛に飽きた」「感染者が少なくなったので出かけてもいいと思った」などと話したという。

 警視庁は、従業員の男女3人も同幇助(ほうじょ)の疑いで現行犯逮捕した。昨年9月のオープン後、5千万円以上の売り上げがあったとみて、営業実態を詳しく調べる。