拡大する写真・図版おもちゃを買ってもらえなくて泣いている様子=こぐま社提供

[PR]

 小学1年生の女の子がつくった紙芝居を、祖父が9年後に1冊の絵本にした。タイトルは「ひとはなくもの」。

 宿題をやらずにおこられたり。おじいちゃんにくすぐられたり。猫が死んでかなしかったり。泣いてばかりいるすみれに「なんでそんなになくの!」「なくこはきらい」と言うおかあさん。すみれは「ひとはなくもの」と主張する。そんなおはなしだ。

拡大する写真・図版「ひとはなくもの」表紙

 いま、女の子は高校1年生。東京都内在住の宮野菫(すみれ)さん(15)。「泣くのは悪いことじゃないと伝えたい」と言う。

 絵を手がけたのは、祖父で絵本・紙芝居作家のやべみつのりさん(77)。もともとはやべさんが講師をつとめた紙芝居のワークショップで生まれた作品。なかなかできずに泣いていた菫さんは母親にしかられ、「ひとはなくもの!」と切りかえした。それが作品のきっかけになったという。

拡大する写真・図版菫さんの紙芝居作品の一部。おじいちゃんにくすぐられて泣いている=こぐま社提供

 やべさんにとって菫さんは「本当によく泣く、聞き分けのない孫」。それが「泣くのは色んな理由がある。まるごとの自分を好きになって!」と訴えかける作品は、驚きと力強さに満ちていた。

拡大する写真・図版紙芝居を披露する小学1年生の菫さん=こぐま社提供

 菫さんの紙芝居はこの1作きり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら