[PR]

 和歌山県は11日、新型コロナウイルスに感染し、治療中だった橋本保健所管内在住の80代女性が10日に死亡したと発表した。県内では62人が感染し、死者は3人になった。

 県によると、女性は複数の感染者が確認されている介護施設「デイサービスセンターさくら苑」(橋本市)の利用者だった。4月21日から発熱があり、24日に陽性が判明。治療を続けていたが、5月8日から呼吸状態が悪化したという。

 県内では11日連続で新規感染者は確認されていない。仁坂吉伸知事は会見で「感染状態については落ち着いてきたが、また新たに感染が広がる可能性もあり、楽観的にはなれない」と話した。(藤野隆晃