[PR]

 新型コロナウイルスが世界で猛威をふるう。130年前に来日した松江ゆかりの作家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850~1904)はジャーナリストとして世界を巡る中で、数度感染症の流行に遭遇した。小泉八雲記念館(松江市奥谷町)の小泉凡館長(58)は「ハーンの感染症の蔓延(まんえん)を描く視点は、新型コロナウイルスの感染が広がる現代にも示唆を与える」と語る。

 八雲は英字紙「神戸クロニクル」の記者として1894年に神戸に来た。そこで遭遇した致死率の高い感染症「コレラ」の流行について書いている。

 八雲の著作「コレラ流行期に」(「心」所収、平井呈一訳)では、神戸の自宅前の通りで、次々とコレラ患者が発生して病院に搬送される様子が描かれる。「瀬戸物屋の主人は、家人が涙を流して、おいおい言って泣くのもかまわず、むりむたいに連れて行かれた」と残された家族の悲しみを表現する。

 一方で、コレラ患者であふれか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら