[PR]

 神奈川県内では11日、新型コロナウイルスをめぐり、新たに感染者7人と死者4人が発表された。県内で発表された感染者は累計1178人、死者は57人(朝日新聞集計)となった。

 死亡したのは、小田原市の70代以上の女性と横須賀市の70代男性、県発表で居住地非公表の90代男性、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院に入院していた80代男性。同病院の看護師2人の感染も判明した。同病院関連の感染者は患者33人、職員27人の計60人で、死者は10人になった。

 新たな感染判明は、小田原市1人、横浜市6人。横浜市消防局の30代男性救急隊員は、今月2日に感染者を転院させるため搬送し、7日に発熱したという。