[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛に伴い、サークルなどの新入生歓迎会(新歓)をインターネット上で行う「オンライン新歓」が広がっている。京都大学(京都市左京区)では4月末、サークル「京都着物企画」の呼びかけで開かれ、新入生たちが大学生活の魅力に触れた。

 4月25日午後1時すぎ。着物のファッションショーなどを開くサークル「京都着物企画」会長で、2年の稲本菜々香さん(20)がパソコンやスマートフォンの画面を通じて、あいさつをした。「このオンライン新歓を、サークルを決めるきっかけにしてください」

 画面は切り替わり、ダンスや山仕事、農業系のサークルなどの紹介へ。「みんなバイトもしているよ」「兼サー(サークルの掛け持ち)もOK」。団体の人数や活動回数なども案内した。開始すぐに視聴者が定員100人を超えたため、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」だけでなく、急きょ、動画配信サイト「ユーチューブ」でもライブ配信をした。

 京大でのオンライン新歓は4月中旬、体育会が企画し、約70の大学公認団体が合同で開催した。今回は京都着物企画が呼びかけ、非公認団体中心のオンライン新歓を開いた。2日間で62団体が参加し、延べ4千人以上がユーチューブのライブ配信を視聴したという。

 参加者からはSNS上に「入りたいサークルの選択肢が増えた」といった感想が寄せられた。各サークルに新歓への参加を呼びかけた京都着物企画の2年の川村紗永(さえ)さん(19)は、対面で勧誘できない中、「新入生の不安の解消の一助になればうれしい」と話した。(白見はる菜)