[PR]

 高気圧に覆われた11日、県内各地で気温が上昇した。高松市中心部では30・0度を記録し、県内で今年初の真夏日になった。

 高松地方気象台によると、最高気温は綾川町29・7度、三豊市28・9度。県内7カ所のいずれの観測地点でも25度を超える夏日になり、6月上旬から7月上旬並みの暑さとなった。

 JR高松駅近くの広場では子供たちが噴水に集まって水遊びを楽しんでいた。(平岡春人)