[PR]

 11日の山梨県内は午前中から気温がぐんぐん上がり、各地で今年の最高気温を観測した。甲府市と甲州市勝沼はともに33・4度を記録し、全国で最も暑かった。そのほか、韮崎市で32・4度、身延町で30・1度となるなど、観測10地点の半数にあたる5地点で真夏日となった。

 富士山はここ数日の陽気で急速に雪解けが進み、まだら模様の初夏の装いに衣替え。富士北麓(ほくろく)地方に田植えや畑仕事の時期を告げる残雪模様の「農鳥」も現れた。(河合博司)