[PR]

 新型コロナウイルスのPCR検査を取り巻く現状について、DNA鑑定など遺伝子検査に精通している筑波大学の本田克也教授(法医学)に聞いた。

 ウイルスは、遺伝子としてDNAを持つものとRNAをもつ2種が存在し、新型コロナウイルスは後者だ。PCR検査は、採取した細胞の中から、RNAと呼ばれる遺伝物質を抽出し、DNAに変える。その上で温度の上げ下げを繰り返して検出可能になるまで遺伝子を増やして調べる。手間ひまがかかる検査だ。

 「ドライブスルー方式」や「PCR検査センター」は、単なる細胞を採取するだけで、検査そのものではない。大量検査に必要なのは検査機関の拡充。それには機器の導入や専門家確保が重要。いまの対応は明らかに後手に回っている。

 感染といっても、局所的な感染の段階から血液を通して全身に広がっていく。体内に潜むウイルスの量は感染後の病気の段階によって異なる。採取した細胞にウイルスが感染していても増殖が少なかったりした場合、検査にひっかからないことがありうる。検査を過大評価するのは危険だ。

 試料や検査室の汚染リスクもある。クラスターが発生した病院で細胞を採取した場合、ウイルスが病院の大気を汚染し、それが試料を汚染する可能性も否定できない。常時検査している機関では実験室の汚染の危険もある。

 PCR検査は民間研究所や検査経験のない技術者には大変難しいと思う。国立感染症研究所は1回の検査でもよいと指針を出しているが、試料汚染や試料の取り違えのリスクも考えると複数回の検査は不可欠だろう。

 感染研は複数メーカーの機器や試薬を公表し、使用可能であるとしている。国内には検出感度や検査精度が異なる方法が混在しているため、各検査機関のデータの信頼性は確保されていない。本来、検査方法は統一すべきだ。結果として自治体のデータのばらつきに検査方法の違いが反映されている可能性がある。

 PCR検査は大変面倒な検査であることを理解する必要がある。熟練した検査員を即席でつくることはできないし、検査機械は高額だ。インフルエンザウイルスの場合、ウイルスの特異的な抗原と反応する簡易検査が開発されているため、検査が容易にできる。

 海外で検査が進んでいるのは、SARS対策の経験などを踏まえて、大学や研究所の検査がレベルアップしてきたからだろう。日本ではそれがなかった。

 実は国内で大量のDNA検査を実施し、検査の感度を上げる技術について最も取り組んできたのは法医学分野。欧州やカナダ、オーストラリア、韓国の法医学研究機関の現状を見てきたが、こうした国では検査方法がすでに自動化され、大量の試料を処理できる最新機器が投入されている。韓国の検査機関の処理レベルの高さに驚かされた。中国でも検査機器を開発し、日本よりレベルが高いと感じた。

 検査技術は日進月歩。3年もすると、今の方法は使えなくなる。しかし日本では古い技術を使い、手作業の多い方法で実施しているため、検査数が確保できていない。

 例えば、国内の法医学の分野では、大学のDNA鑑定業務を制限して、警察機関のみが独占してきた。警察機関は検査の規格化を最も重視していることは正しいが、大学などの研究機関でなければ新型コロナという新しい敵に対しては最新機器の開発と検査方法の統一化はできない。そこが大きな足かせになってきたように思える。

 新型コロナに関する国内のPCR検査は問題を多く抱えている。検査方法が確立する前に、多量の検査を実施させられてしまった。限界をしっかりと認識するべきだろう。検査態勢の充実をはかってこなかった政府の責任でもある。

 ウイルスは変異が速い。現在の検査方法は2019年の新型コロナに対応して開発が進められてきたので、今後同じ検査が通用しなくなる可能性がある。

 どのような感染形態になりやすいか、発病や死亡するのを防ぐにはどうしたらいいかが解明できれば、具体的で効率的な対策が提案できるはずだ。どういう弱点があるかを解明することこそ専門家の役割だろう。(聞き手・梶山天)