[PR]

 自民党は12日、新型コロナウイルスの感染拡大でアルバイト収入が減り、生活に困っている学生に1人あたり10万円、特に困っている学生には20万円を給付する緊急提案を政府に提出することを決めた。

 学生が大学に申請し、大学の審査に基づいて日本学生支援機構が給付する仕組みを検討している。対象は、大学院を含む国公私立大学、短大、高専、専門学校の学生を念頭に置いている。財源は第1次補正予算に盛り込んだ予備費1兆5千億円から捻出する。

 公明党も8日に、生活が苦しくなった学生への10万円の給付を、萩生田光一文部科学相に要望。萩生田氏も「早急にやりたい」と前向きな姿勢を示している。