[PR]

 トヨタ自動車は12日、2021年3月期の業績(国際会計基準)が、売上高は前年比19・8%減の24兆円、本業のもうけを示す営業利益が79・5%減の5千億円になりそうだと発表した。営業利益が1兆円を割るのは12年3月期(3556億円)以来。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で新車販売の縮小を見込んでいるとみられる。グループの世界販売台数は890万台を見込む。

 20年3月期の売上高(米国会計基準)は前年比1%減の29兆9299億円(従来予想29兆5千億円)、営業利益は1%減の2兆4428億円(同2兆5千億円)、最終的なもうけを示す純利益は10・3%増の2兆761億円(同2兆3500億円)。

 トヨタは今年2月、為替が想定より円安に推移しているとして、3月期の業績予想を上方修正。米国をはじめ3月に販売が急減したが、3月期の収支はほぼ前年並みとなった。米国で4月の販売が前年同月より半減するなど、北米や欧州、アジアの多くの地域で販売が落ち込んでいる。新型コロナが業績に本格的な影響を及ぼすのは21年3月期となる。

 豊田章男社長が12日午後2時過ぎから、ウェブを通じて会見する。