たけし、さんまも立った名古屋の演芸場 コロナでピンチ

有料会員記事新型コロナウイルス

岩尾真宏
[PR]

 東海地方で唯一の常設寄席「大須演芸場」(名古屋市中区)が存続の危機に直面している。新型コロナウイルスの影響で、公演の中止などが相次ぎ、収入を断たれているためだ。ビートたけしさんら大物芸人も若かりし頃に立った「場」を守ろうと、演芸場側は寄付を呼びかけている。

 大須観音のそばにある大須演芸場は1965年に常設寄席として開場し、コント55号や下積み時代の明石家さんまさんらも出演。さんまさんは「今日も客なし 明日は?」の落書きを楽屋に残した。大須演芸場への出演がツービート結成のきっかけだったというビートたけしさん。自伝的小説「漫才病棟」など著書の中で、大須演芸場の客席の様子や芸人仲間の思い出をつづっている。

 「日本一客の入らない寄席」…

この記事は有料会員記事です。残り1179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]