[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大によってスポーツイベントの開催自粛が続き、選手らを「支える」立場の企業も必死だ。関連用品の売れ行きが落ち込む中、知恵を絞った「コロナ対策品」で苦境に立ち向かう。

ファン向けグッズに実用化

 サッカーJ1クラブや関東の大学ラグビー部など、トップアスリートにテーピングテープを提供する「ジオナ(本店・兵庫県西宮市)」は、洗える防塵(ぼうじん)マスクの開発に乗り出した。

 栄養補給食品など災害対策事業も展開する同社。今年に入って、防災用のマスクを製造する案が持ち上がっていたという。そんな折、新型コロナの感染が広がった。急ピッチでマスク作りに着手すると、事態が深刻化した3月には、取引実績があるJリーグや地元など多くのチームから発注が寄せられた。

 マスクは男女兼用。ポリエステ…

この記事は有料会員記事です。残り1295文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1295文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1295文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら