[PR]

 大阪府は12日、QRコードを使った新型コロナウイルスの追跡システムを導入すると発表した。府のシステムに登録した飲食店を訪れた客がスマホなどで店のQRコードを読み取ると、その店で感染者が出た場合、注意喚起の通知をメールで受けられる。利用するかどうかは任意で、5月中の運用開始をめざす。

 対象は飲食店や映画館、劇場、イベントなど。事業者は府のホームページを通じて、店舗名やイベント名を登録してQRコードの発行を受ける。利用者は任意で、店やイベント会場に掲示されたQRコードを読み取り、自分のメールアドレスを登録する。

 新型コロナの感染者の利用が判明すると、府は同じ時間にいた利用者に注意を呼びかけるメールを送る。発熱などの症状が出ていれば、新型コロナ受診相談センターに連絡してもらう。府によると、都道府県で初めての取り組みとみられる。

 個人情報の取得はメールアドレ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら