[PR]

 自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長は12日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公明が求めていた地方選挙の延期法案について今国会での提出を見送る方針で一致した。会談後、自民の森山裕国対委員長は「検討事項が非常にたくさんある」と述べ、憲法改正が必要な緊急時の国会議員の任期延長と併せて議論を続ける考えを示した。公明の高木陽介国対委員長は「(自民側から)今の段階では厳しいとの考え方を示された」と話した。