[PR]

 見えないウイルスの危険性をシールで可視化。新型コロナウイルス感染症が拡大する中、幼稚園や保育園に通う子どもたちに手洗いを促そうと、宮崎県内の女性2人が「手を洗いたくなるシール」を考えた。多くの人が触れるドアノブなどに貼ることを想定している。

 自らも子どもを幼稚園に通わせる宮崎市佐土原町のパン講師、杉尾杏香さん(36)が4月中旬、他県の同様の取り組みを知り、自分たちの身のまわりにも広めることを決意。綾町のイラストレーターで同級生のタニカワみおさんにデザインを依頼して完成させた。

 タニカワさんは、花粉症やぜんそくの持病がある人たちが、新型コロナ感染者ではないことを周囲に表明するカードのデザインにも関わった。「新型コロナ対策はスピードが勝負。幼児向けにはかわいいだけではだめ、怖すぎてもだめだと思いました。飽きないようにいろいろな表情を持たせました」と話す。

 手を洗いたくなるシールは、宮崎の漫画家らの活動を知らせるホームページ「宮崎の地元漫画―じゃがまんが」にデザインを掲載。自由にダウンロードして、シール専用紙などに印刷できるようにしている。

 杉尾さんとタニカワさんは、市内の幼稚園、保育園で使ってもらえるように印刷会社と製品化を進めている。(菊地洋行)