「銀河鉄道999」などのヒットで知られるロックバンド「ゴダイゴ」のギタリスト・浅野孝已(あさの・たかみ)さんが12日、東京都内の病院で死去した。68歳だった。後日、お別れの会を開く。12日朝に自宅で倒れているのを家族が発見し、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 1975年にミッキー吉野さんらとバンドを結成し、ゴダイゴのオリジナルメンバーに。CMソングやドラマの主題歌など、既存のロックグループとは一線を画し、幅広くメディアで活躍。「モンキー・マジック」「ガンダーラ」など数多くのヒットを飛ばした。

 ギタリストとしては、日本でまだあまり知られていなかったギターシンセサイザーを取り入れるなど、バンドの洗練されたサウンドの屋台骨となった。

 浅野さんの死去を受け、ゴダイゴのリーダー・ミッキー吉野さんは、「ゴダイゴのメンバーの中で一番長い付き合いでした。悲しいの一言。悲しくてやりきれません。この時期のこういう別れは、本当に辛いです」とコメントした。

 同じくゴダイゴのメインボーカル・タケカワユキヒデさんは「僕たちの大切な仲間、ギタリストの浅野さんが亡くなった。つい2週間前に電話で話したばかりだったのに。僕のどんな曲にもすぐにギターを弾いて合わせてくれるオールマイティなギタリストで、愉快な仲間だった。冥福を祈りたい」とのコメントを発表し、浅野さんの死を悼んだ。(定塚遼)