[PR]

 磁気治療器「ピップエレキバン」で知られるピップ(大阪市中央区)が、新しいロゴをつくった。同社ホームページでPR動画を公開している。

 ピップといえば、緑の吹き出しに白抜きの「P!」のロゴでおなじみだ。社名を変えた1984年から使われてきた。

 だが、新ロゴではPも!も吹き出しから飛び出し、下に「#距離を保とう」。新型コロナウイルスの感染防止策で有効とされる「ソーシャルディスタンシング(社会的距離をとること)」の大切さを訴えている。社内で提案があったという。

 同社広報宣伝課の五十嵐未沙さん(31)は「コロナが終息したとき、Pも!も磁石の力で『ピッ』たりくっつく予定です」と話す。(関宏美)