[PR]

 福井県敦賀市で4月下旬、首から上が青や緑色だが、メスとみられるキジが撮影された。県自然保護センターによると「オス化したメス」で、希少な個体という。

 全日本写真連盟県本部会員で敦賀市の吉田俊雄さん(78)が撮影した。4月27日午前6時ごろ、粟野地区の棚田を散歩していた際、オスと一緒に行動するカラフルなメスを見つけた。メスは通常、全身が茶色だから不思議に思ったという。

 写真を分析した同センターの大宮正太郎さんは「キジ科のキジで、オス化したメスではないか。原因は分からないが、老齢のメスがオスのような色になることがある。野生ではほとんどなく珍しい」という。吉田さんは「貴重な鳥に出会えて良かった」と話した。(佐藤常敬)