[PR]

 益田市匹見町の匹見小学校の玄関前に12日早朝、新品のマスク4箱(1箱50枚入り)と消毒液1本が紙袋に入れて置いてあるのを出勤してきた教職員が見つけた。市教育委員会が明らかにした。

 市教委によると、手紙が添えられており、「新学期のさいかいおめでとうございます。わずかですがみなさんにプレゼントします。おじさん年金生活なのでいっぱい買えなくてごめんなさい」などと記され、「どらえもんより」と書かれていたという。市内の小学校は11日から授業が再開している。

 匹見小によると、全校児童14人には休み時間中にマスクの寄贈が報告されたという。品川智成校長(53)は「陰で応援してくれる人がいることに感謝したい」と話している。(水田道雄)