拡大する写真・図版駅構内に設置された黒板では、「交換日記」と題して駅員や学生たちが交流した=北九州市八幡西区、JR九州提供

[PR]

 周囲に多くの学校があり、学生や通勤の人々が行き交うJR折尾駅(北九州市八幡西区)に昨年から様々な掲示物が登場している。手書きのポスターや、カラフルな絵に彩られた黒板など、これまでに10点近くにのぼる。コロナ禍で少し寂しくなった駅だが、掲示物を通じた駅員から利用客へのメッセージは発信され続けている。

 掲示の始まりは利用客の駅への苦情だった。

 筑豊線、鹿児島線、短絡線と三つの路線が乗り入れる折尾駅。現在、各線の高架化が進められており、以前から入り組んでいた構内は、仮設通路でさらに複雑になっている。

 村子峰敏副駅長によると、昨年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら