[PR]

皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

#ニュース4U《ただいま取材中》

 新型コロナウイルスの感染拡大で全国の学校の休校が長引く中、「#ニュース4U」では、皆さんの悩みや事例を募集します。

N4U班が深掘り取材、お友達登録はこちら
#ニュース4Uはあなたと共に深掘り取材する企画です。声をお寄せください。LINE公式アカウント(@asahi_shimbun)で取材班とやりとりできます。

 休校中の子どもの小学校から、1週間分の時間割と大量の課題を渡された保護者から、悲鳴の声が相次いでいます。

 千葉県の40代の母親は、午前8時台から昼まで、読書、ひらがなの練習、算数や生活のプリント、体育の縄跳びなどの課題が4時間目までびっしり並ぶ時間割を渡され、「これで評価もします」と言われたといいます。「家庭に丸投げの学習を評価するなんて、まるで親が評価されているようです」と憤ります。

 「教育虐待が増えかねない」「これで消化したことになるのが不安」「これは仕事しながらは厳しい」「親が先生になるの?」など様々な意見や疑問もあります。特別支援が必要な子どもや、外国にルーツをもつ親子は、どのように対応しているのでしょうか。

 皆さんも同じような悩みを抱えていませんか。保護者や小中学生の皆さんの経験談をお待ちしています。

     ◇

 朝日新聞「#ニュース4U」では、読者のみなさんの身近な疑問や困りごとを募集しています。公式LINE@アカウントで取材班とやりとりできます。