[PR]

 ジャニーズ事務所は12日、新型コロナウイルスの感染拡大防止や医療活動を支援するため、所属アーティスト76人からなる期間限定ユニット「Twenty★Twenty」を結成し、チャリティーソング「smile」を制作すると発表した。チャリティーソングの曲と詞は、Mr.Childrenの櫻井和寿さんが手がける。チャリティーソングの売り上げを医療機関などに寄付する予定。

 76人は、V6、Kinki Kidsや嵐、King&Prince、SixTONESなど14グループと、山下智久さん。チャリティーソングの制作は、同事務所が進める社会貢献活動「Smile Up! Project」の一環で、滝沢秀明さんがプロデューサーを務める。

 滝沢さんが出したコメントによると、期間限定ユニット「Twenty★Twenty」は、昨年亡くなった同事務所前社長のジャニー喜多川さんが、東京五輪開催に合わせて結成しようとしていたという。滝沢さんは「ジャニーが残した最後のグループ名」であり、五輪は延期になったものの、「今このような状況だからこそできることがあるはず」として、このユニットでチャリティーソングを歌うことにしたという。

 ジャニーズとのコラボレーショ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら