[PR]

 広島県警と中国四国厚生局麻薬取締部は、ラッパー「ZAO」として活動する塗装業谷口晴基容疑者(33)=広島市佐伯区旭園=と会社員山本元基容疑者(33)=同区三筋1丁目=を大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕し、13日発表した。2人は容疑を否認しているという。

 県警薬物銃器対策課によると、2人は12日、山本容疑者の自宅で乾燥大麻を営利目的で所持した疑いがある。調べに対し、谷口容疑者は「大麻とは思わなかった」、山本容疑者は「大麻には間違いないが、販売はしていない」と否認しているという。

 県警によると、谷口容疑者は映画の主題歌なども手がけていたという。山本容疑者の自宅からは、大麻を栽培するためとみられる鉢や栽培器具、吸入具などもみつかったという。