[PR]

 財務省が13日発表した3月の国際収支(速報)は、輸出入のモノの出入りを示す「貿易収支」が1031億円の黒字で、黒字幅は前年同月より85・2%減った。サービスに関するお金の出入りを示す「サービス収支」も黒字幅が縮小するなど、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に経済活動が停滞した影響がみられた。

 3月の輸出は6兆1974億円で前年同月に比べて12・2%減、輸入は6兆943億円で同4・2%減。輸出では米国向けを牽引(けんいん)してきた自動車(13・1%減)や中国向けの自動車部品(17・9%減)などで落ち込みが目立った。

 投資収益などの収支も含めた経常収支は1兆9710億円の黒字。貿易収支の黒字幅が減った影響で黒字幅は同32・1%減となった。

 外国と日本のサービスに関する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら