政治家、個性派マスクに込めた意味 首相は自ら手洗い 

有料記事新型コロナウイルス

太田成美、軽部理人、寺本大蔵 藤原慎一、窪小谷菜月、三宅範和 坂本純也、佐藤達弥
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、閣僚や国会議員、知事らのマスクに変化が出ている。白地のままではもったいないと絵柄や生地などを工夫。ファッション性や地元をアピールしている。

人気の「小池知事モデル」

 真っ青な生地に、富士山から昇る太陽が目を引く。河野太郎防衛相が12日の参院外交防衛委員会で着けたマスクは、航空自衛隊の手ぬぐいで同隊の広報室が作った。柄は戦闘機など数種類ある。1日の記者会見では「マスクもずっと着けているわけだから、ファッション性を持たせたいと思う人がいても不思議でもない」と迷彩柄のマスクを着けながら語った。

 12日の同委員会では、山本朋広防衛副大臣もヘリコプターの柄が入ったマスクを着けた。山本氏によると、陸上自衛隊の手ぬぐいで作ったものだという。

 東京都小池百合子知事は…

この記事は有料記事です。残り1687文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]