商業施設、地方で再開の動き 百貨店やカラオケ

有料会員記事新型コロナウイルス

中島嘉克、佐藤亜季
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて臨時休業していた商業施設が、地方を中心に営業を再開させている。地元自治体からの休業要請の解除が、きっかけの一つになっている。

 地方の百貨店では、高知大丸が11日に、松坂屋静岡店が13日に、全館での営業を再開した。それぞれの県からの休業要請が解除されたためだ。

 従業員はフェースシールドを着用。買い物かごやカートは利用のたびにアルコール消毒するなど感染防止に注意を払っている。

 テナントの一部が休業を続けるなど完全な営業には戻っていないものの、「開いてよかった、との声が顧客から寄せられている」という。

 高島屋は14日、玉川高島屋ショッピングセンターなど東京郊外と千葉県にある三つの施設を再開する。必需品売り場など、それぞれの売り場の5割ほどを開ける。西武秋田店とそごう徳島店は15日に、西武福井店は21日に全館での営業再開を予定する。

 映画館でも再開の動きが相次…

この記事は有料会員記事です。残り559文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]