[PR]

 JR東日本は、東北・北海道と上越、北陸、秋田、山形の各新幹線を28日から当面の間、臨時ダイヤで運行すると13日発表した。

 JR東によると、28日以降は定期列車の約6割の本数を運行する。北陸新幹線では停車駅の少ない「かがやき」を取りやめ、「はくたか」「あさま」「つるぎ」のみとする。

 在来線でも、中央・常磐線の特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」「ひたち」「ときわ」を定期列車の約8割に減らす。いずれも変更後のダイヤはウェブサイトに掲載する。

 また、臨時列車として運行を予定していた6月の新幹線すべてと、在来線の特急・快速の大半を運休。車内販売や、新幹線の最上級席「グランクラス」の販売も当面は見合わせる。(一條優太)