【動画】「潮騒」の舞台に水よ届け、神島へ41年ぶり送水管=安田琢典撮影
[PR]

 三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台として知られる三重県鳥羽市の神島(かみしま)へ水を送るための海底送水管を、41年ぶりに設置する工事が進められている。市と工事を請け負う大手電線メーカー「古河電工」が、鳥羽市沖の伊勢湾での工事の様子を公開した。

 市水道課によると、敷設が進められている送水管は、本土に近い答志島(とうしじま)と神島を結ぶ7728・2メートルの区間で、総事業費は約9億4千万円。最深約80メートルの海底に、直径100ミリのポリエチレン製の送水管を敷設していくが、漏水防止のため送水管の周囲は二重の鉄線で保護されている。

 工事は神島側から始まり、水深が浅い場所はダイバーが送水管を地下1メートルの場所に敷設する。それ以外の場所はGPS機能で自動航行する台船が敷設していく。

 神島に送水管が初めて敷かれた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら