[PR]

 米カジノ大手のラスベガス・サンズは13日、日本市場への参入を断念すると発表した。横浜市が計画するカジノを含む統合型リゾート(IR)への参入をめざしてきたが、取りやめる。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、同社の業績は急激に悪化していた。IR整備を進める日本政府がモデルにしてきた業界大手が進出断念を決めたことで、今後の整備計画に影響が出る可能性もある。

 同社のシェルドン・G・アデルソン会長は同日、「日本におけるIR開発の枠組みでは、私たちの目標達成は困難」とし、「今後、日本以外での成長機会に注力する」とのコメントを出した。日本のIRは、政府が事業を認める期間が10年で、多額の投資回収は困難と判断したとみられる。今後はマカオやシンガポールなど既存のIR施設に投資を振り向ける。

 新型コロナウイルスの感染拡大…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら