[PR]

 国が支給する1人10万円の給付金を受け取ろうと千葉県松戸市役所を訪れた際、包丁などを所持していたとして、県警松戸署は13日、松戸市常盤平陣屋前、自称無職の大谷剛容疑者(39)を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めており、市によると「今すぐお金がもらえないならここで死んでやる」と話していたという。けが人はいなかった。

 署によると、大谷容疑者は13日午前9時15分ごろ、松戸市役所7階で、正当な理由なく包丁とカッターナイフを持っていた疑いがある。

 市広報広聴課によると、市は5月1日からネットや郵送での給付金申請受け付けを開始し、7日から支給を始めた。大谷容疑者は13日午前9時ごろ、市の特別定額給付金担当室を訪問。「3、4日ご飯を食べていないので今すぐ10万円が欲しい」と話し、申請済みだと主張したが、職員は「順番に支払っている。今すぐお渡しはできない」と回答。生活保護制度を案内したところ、大谷容疑者が「生活保護は受けている。今すぐお金がもらえないならここで死んでやる」と叫び、包丁を自身に向けたため、別の職員が通報したという。(青柳正悟、佐藤瑞季)