[PR]

 抗議の声が高まる検察庁法改正案は13日、同法を担当する森雅子法相不在のまま、衆院内閣委員会での審議が進められた。検察幹部を退く年齢に達しても政府の判断でポストにとどまれる特例規定をめぐり、「代理」の大臣が答弁に立ったが納得は得られず、野党側の反発はさらに強まった。

 「本来なら法務省からお答えを……」「法務省に聞いてもらった方が……」

 集中砲火を浴びた武田良太・国家公務員制度担当相は、言い訳を繰り返した。

 同法改正案は、一般の国家公務員の定年を引き上げる国家公務員法改正案など10本の法案と一本化し、提出された。総括的な責任者は武田氏だが、検察庁法は所管外。野党は森法相の出席を求めたが、「検察庁法に注目が集まってほしくない」(自民党中堅)との事情を抱える与党が拒んだ。

 焦点となったのは特例規定。検…

この記事は有料会員記事です。残り882文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り882文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り882文字有料会員になると続きをお読みいただけます。