[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休校中の全国の公立小中学校や高校などのうち、96%が6月1日までに学校を再開予定であることが、文部科学省の今月11日正午現在の調査でわかった。そのうち25日までに再開予定が16%、6月1日までが80%だった。

 都道府県別では、東京、大阪など13の特定警戒都道府県を含む29都道府県が6月1日までに再開を予定。「5月中~下旬に再開予定」が9県、11日時点で再開」が青森、岩手、秋田、鳥取、長崎、大分、鹿児島の7県で、福島と福井は再開日を検討中とした。

 休校中の登校日については「週2回程度以上」が21%、「週1回程度以下」が27%、「検討中」が19%、「設定していない」が33%だった。

 国公私立の幼稚園、小中学校、高校などで集計すると、11日正午現在で86%が休校・休園していた。

 国公私立の大学・短大・高等専門学校では、12日午後8時現在で87%が授業の開始時期を遅らせ、遠隔授業は66%が実施を決めていた。31%が検討中だった。1046校が回答した。

 国公私立の専門学校では91%が授業の開始時期を遅らせ、遠隔授業は63%が実施を決め、21%が検討中だ。回答したのは1945校(11日午後3時現在)。(宮崎亮