[PR]

 陸上自衛隊立川駐屯地(東京都立川市)は13日、東部方面隊所属の多用途ヘリコプターUH1Jから金属製のボルト1本(長さ2センチ、重さ4グラム)とワッシャー1枚が飛行中に落下したと発表した。けが人や物損は確認されていないという。

 駐屯地によると、ヘリはこの日午後1時からエンジンの緊急停止を想定した訓練をした。離陸と着陸、駐屯地周辺の飛行を繰り返したという。訓練後の午後4時半ごろ、乗員が機体の点検中にボルトがないことに気付いたという。ボルトはヘリの左脚につけるカバーを固定するものだという。