特殊詐欺「厳禁」 稲川会が構成員に通知、責任逃れ?

有料記事

林知聡 小寺陽一郎
[PR]

 神奈川県など18都道県で活動する指定暴力団稲川会が今月、構成員らに「特殊詐欺への関与は厳禁」とする文書を配ったことが捜査関係者への取材でわかった。県警は、幹部に対する責任追及を逃れる目的で作られた文書だとみている。

 文書は「『稲川会規約』総本部通知」と題し、同会ナンバー3の名前で作られ幹部の会合で配布された。

 特殊詐欺は落ち度のない高齢者を狙い撃ちする犯罪だとして、「個人的な生活資金を騙(だま)し取るもので有って、誠に卑劣」と記述。「特殊詐欺への関与を絶対に無き様、再度厳禁する」とし、事件で得た収益の受け取りも禁じる。関与が明らかになった場合、破門などの処分を下すとし、文書を事務所に掲示するよう求めている。

 東京高裁は3月、稲川会系組…

この記事は有料記事です。残り200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料