拡大する写真・図版イタリアのIlaria Ricciさんがインスタグラム(@irart_ilariaricci)で発信したアマビエの絵。Twitter(@Poggibonsa)にも投稿した

[PR]

 新型コロナウイルスが流行する中、疫病よけの伝説がある江戸時代の妖怪「アマビエ」の絵をSNSに投稿する「アマビエ・チャレンジ」(#amabiechallengeや#amabie)が世界中に拡散し、カラフルなアマビエの絵がいくつも投稿されています。日本のローカルな妖怪がなぜ、国を超えて愛されているのでしょうか。妖怪に関する論文で博士号を取得し、「妖怪博士」として知られる兵庫県立歴史博物館の香川雅信さん(50)に聞きました。

拡大する写真・図版厚生労働省が作った、アマビエが新型コロナウイルスの感染拡大防止を啓発するアイコン。海外でも報じられた=厚生労働省のHPから

 ――アマビエの絵の投稿が世界中ではやっています。海外メディアは、窓を開けて皆で合唱するイタリアや、窓から虹の絵を掲げる英国での運動と並び、多くの人が一つになって難局を乗り切ろうとする動きのひとつとして取り上げています。ただ、日本でもアマビエは最近までそれほど注目されていませんでした。そもそも、どういう妖怪なのですか。

 「アマビエは、弘化3(1846)年に肥後国(今の熊本県)の海に現れたとされる妖怪です。京都大学の付属図書館が所蔵している摺物(すりもの)(新聞と魔よけの札を兼ねたような印刷物)には、『今年から6年間は豊作が続くけれども、そのかわりに疫病がはやる。そこで、自分の姿を絵に描いてそれを人に見せるように』と言って消えた、と書かれています。この資料などから、『疫病よけとして、自分の姿を人々に見せるように』と予言した妖怪だととらえられています。『ゲゲゲの鬼太郎』のアニメに出てくるので、妖怪好きの間では知られていました」

拡大する写真・図版アマビエが描かれた江戸時代末期の摺物(すりもの)=京都大学付属図書館提供

 「ただ、弘化3年に大規模な疫病があったという記録はありません。人々の不安をあおった上で、『疫病を避けるためにはアマビエの絵が描かれた摺物を買いなさい』という、マッチポンプのようなものだったのではないかと思います」

 ――ロングヘアに鳥のようなくちばし、うろこのある胴体に毛むくじゃらの3本脚という独特の風貌(ふうぼう)のアマビエは、何がそんなに人々をひきつけるのでしょうか。

 「3点あると思います。一つ目…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら