「コロナで不平等が加速する」エマニュエル・トッド氏

有料会員記事

聞き手・高久潤
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の衝撃がグローバルなレベルで日常生活を一変させている。新しい戦争、文明の転換、ニューノーマル。様々な言葉が飛び交っている中で、衝撃の意味をどう受け止めたらいいのか。手がかりを求めてフランスの歴史家、人口学者エマニュエル・トッドさんにビデオ通話で話を聞いた。いわく、変化の始まりではなく、加速であるという。どういうことか。

「コロナは戦争でもテロでもない」

 ――新型コロナウイルスの感染拡大は、あなたの国のマクロン大統領をはじめ多くの政治指導者が「戦争」という比喩を使うほどのインパクトを与えています。

 「そのような表現はばかげています。この感染症の問題は、あらゆる意味で戦争とは違うからです。ただ、支配層の一部がその表現を使うことに理由がないわけではない。彼らは自らの政策が招いた致命的な失敗を覆い隠したいわけです」

 「フランスで起きたことのか…

この記事は有料会員記事です。残り3318文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線

この連載の一覧を見る