[PR]

 世界保健機関(WHO)の緊急対応責任者マイク・ライアン氏は13日の記者会見で、世界で猛威をふるっている新型コロナウイルスについて「我々の世界に一つの病気のウイルスが加わり、消え去ることはないかもしれない」と述べ、ウイルスと共存する覚悟が必要だとの考えを示した。根絶に挑戦するための条件としてワクチン開発の成功を挙げた。

 ライアン氏は会見で「いつ我々がウイルスに打ち勝つか予測することは非常に難しい」と語り、世界でみると感染者の割合が比較的小さく、多くの人に免疫が備わっていない現状を指摘した。

 一方、エイズウイルス(HIV)に言及。人々は治療法を見いだすなどして付き合い方を学んだ結果「かつてほど怖がっていない」と述べ、共存の例として示した。そのうえで新型コロナについても「非常に効果的なワクチンが世界で必要な人に行きわたれば、根絶に挑戦できるかもしれない」と期待し、ワクチン開発には国際社会が連携しての支援が必要だとした。

 新型コロナウイルスを制御できるまでの時間については、WHOの主任科学者スーミャ・スワミナサン氏が英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで「4、5年の期間」と語り、話題になっていた。(ウィーン=吉武祐)