愛媛で17人感染、松山の病院職員・患者ら 院内感染か

新型コロナウイルス

[PR]

 愛媛県は14日、松山市内の病院に勤める職員や入院患者ら17人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。この病院では13日までに職員2人と職員の家族1人の感染が確認されており、県は「院内感染の可能性がある」としている。

 感染が確認されたのは松山市の牧病院だと同病院が発表した。50~90代の入院患者ら11人と30~50代の看護・介護職員6人。いずれも軽症か無症状という。

 県と松山市は、病院に勤務する30代の男性介護職員が11日に発熱などの症状を訴えたことからPCR検査を実施し、12日に陽性を確認。病院の入院患者32人と職員29人、男性の家族4人の検査を実施したところ、13日に男性の同僚の40代女性と、男性の家族1人の陽性が判明していた。

 牧病院は精神科心療内科、内科があり、メンタルヘルスなどを専門としている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]