[PR]

 8~9月、長野県松本市で開催予定だった「第29回セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)」が、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて中止となることが14日、発表された。同フェスティバルは1992年、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の名称でスタートした。中止を受け、総監督の小澤征爾さんは以下のコメントを発表した。

     ◇

 音楽が一番必要とされているときに、音楽を届けられないのは、とても残念です。

 大好きな松本で音楽祭をしたかったですが、いまは全員の安全を考えて、中止と決定しました。

 来年、また皆さんに会えるのを、今から楽しみにしています。

 安全な日が一日も早く戻ることを願っています。