• アピタル

マスクで熱中症、本当になる? まさかの予防メリットも

有料会員記事新型コロナウイルス

岡崎明子
[PR]

 今年の夏は、新型コロナウイルスの感染を広げないため、炎天下でもマスクをつけねばならなそうだ。5月というのに夏日が続く中、すでにマスクをつけていると顔周辺がもわっと暑く、息苦しい。私たちは「経験のない夏」を迎えることになるが、果たしてマスクのせいで熱中症になるのだろうか。

全人類が経験のない夏

 中国では、医療用の高性能マスクをしたまま走っていた中学生が急死した。ネット上では早くも、「冷感」「UVカット」をうたうさまざまな夏用マスクが販売されている。

 熱中症に詳しい帝京大医学部付属病院の三宅康史・高度救命救急センター長は「夏場に大勢の人がマスクをつけて過ごすという事態は、全人類の経験上ないこと」と話す。

 人間は通常、体温より低い冷たい空気を吸いこみ、鼻の中や肺の中で温められた息を出す。体から熱を奪いながら温かい空気が出ることで、体が冷やされるという仕組みだ。

 それがマスクをつけていると、より温かい空気を吸い込み、吐いた息もマスクでブロックされてしまう。つまり、体がより熱を持ちやすくなってしまうという。

 また、マスクをつけていることで呼吸に負担がかかるため、肋間(ろっかん)筋や横隔膜を必要以上に働かせることになる。運動しているのと同じ状態となるため体温が上がり、これも熱中症のリスクとなる。

マスクが熱中症予防にメリット?

 だが「マスクをつけていることが、熱中症予防に有利に働くかもしれない面もある」と三宅さんは話す。

 マスクをつけていることにより、息を吸ったり吐いたりするときに湿度が保たれるため、呼吸により失われる水分を抑えられる、というのだ。

 「マスクをつけることのプラス面とマイナス面を相殺し、熱中症のリスクが上がるかどうか、ということだと思います」

 夏向けマスクとして、通気性…

この記事は有料会員記事です。残り864文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]

岡崎明子
岡崎明子(おかざき・あきこ)朝日新聞医療サイト「アピタル」編集長
科学医療部記者。広島支局をふり出しに、科学医療部で長く勤務。おもに医療、医学分野を担当し、生殖医療、がんなどを取材。特別報道部時代は、加計学園獣医学部新設問題の取材で日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞を受賞。オピニオン編集部デスクを経て、2020年4月からアピタル編集長。