[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの企業が売り上げを落とす一方で、勢いづいているベンチャー企業がある。共通するのは、在宅勤務と相性のよい非対面のサービスだ。店頭での営業ができない業種などからの発注が相次いでいるという。

拡大する写真・図版空色は、チャットで洋服や不動産、高級外車まで販売する。現在は店頭に立っていた販売員が在宅で「チャット営業」している=空色提供

 「新型コロナ収束後も成長が見込める『アフターコロナ株』と評価された」。IT系ベンチャー「スタイルポート」(東京)の広報担当者は話す。コロナの先行きが見えず、企業の資金調達は難しくなっている。そうしたなかで同社は4月下旬、第三者割当増資で数億円の資金を得られた。

 建築図面から3DのCG映像をつくり、仮想現実(VR)でマンションを内見できるサービスを提供している。新築マンションは完成前の完売も少なくない。2017年に設立し、不動産開発業者向けに売り上げを伸ばしてきた。

拡大する写真・図版マンションの室内をVRで内見できるスタイルポートのサービス。画面を左右上下に動かせて部屋の細部も確認できる=同社提供

 マンション業界での販売方法は以前、店頭のパソコンで営業員が顧客と接しながら映像を見せることが多かった。感染拡大が問題となってからは、顧客も自身のパソコンなどでURLをクリックすれば「VR内見」ができるよう工夫。営業員が在宅でも接客が可能となったことで、同社のサービスへの発注は4月以降、3・5倍に増えた。同社は株式上場を計画中。「景気は不透明だがスケジュールに変更はない」(広報)という。

 休業中で店舗に立てない小売店…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら