拡大する写真・図版住民が浸水を食い止めた北側のエントランス付近=パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー管理組合提供(一部修整しています)

[PR]

 巨大な台風19号が上陸した昨年10月12日。川崎市中原区の武蔵小杉駅近くに立つタワーマンション、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーが、水害に襲われた。地上47階建てで643世帯、約1500人が住む。

 豪雨で周囲の道路が冠水。浸水から1階の入り口を守ろうと、住民100人以上が土囊(どのう)を積み、なんとか防いだ時だった。

 午後11時ごろ「地下3階で浸水している」と連絡があった。駆けつけた一人は「状況に啞然(あぜん)とした」と災害後に記している。

 電気室・機械室のある地下3階…

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら