拡大する写真・図版大都市圏ではマンション住まいが一般的だ。それぞれの分譲マンションに管理組合がある=写真はいずれも中井征勝撮影(写真と本文は関係ありません)

[PR]

 首都直下あるいは南海トラフ。巨大地震が起きたら、マンションの住民はどうすればいいのか。

 マンションの現場や関係者を訪ねながら考えた。

 「マンション防災士」として講演や研修を続けている釜石徹さん(68)は、こう呼びかける。

 「マンションは在宅避難が前提です。避難所に行かず、自宅に籠城(ろうじょう)して下さい」

拡大する写真・図版防災について語る釜石徹さん。自身も東京都内のマンションに住み、管理組合の理事長も経験した=東京・築地、中井征勝撮影

 災害時は近くの小中学校の体育…

この記事は有料会員記事です。残り1110文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら