[PR]

 海に漂うプラスチックごみが世界的な課題となるなか、飲料メーカーがペットボトルのリサイクルに力を入れている。自然に分解されるペットボトルの開発はハードルが高い。まずは、新たな再生技術を導入したり、使用済み容器の回収を徹底したりして、環境への負荷を減らす。

拡大する写真・図版アサヒ飲料はラベルもシールもないペットボトル入りの飲料水を売り出した=同社提供

 サントリーホールディングスは、使用済みペットボトルを効率的に再生できる仕組みを協栄産業(栃木県小山市)などと開発した。

 いったん液体にして乾燥させる…

この記事は有料会員記事です。残り548文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。