[PR]

 全国連合小学校長会(喜名朝博会長)は14日、政府が検討中の「9月入学」について、「新型コロナウイルス対応下で導入されることとなれば、学校は大きな混乱をきたす」などとして、十分な時間をかけた議論を求める意見書を文部科学省に提出した。

 意見書では「導入されればあたかもこれまでの全ての課題が解決されるという短絡的な考え方には違和感を持つ」と疑問を呈し、4月入学は「学校ばかりでなく社会全般に浸透している日本特有の文化。拙速に変更することには課題が多すぎる」などとしている。(宮崎亮